薄毛対策と頭皮ケアの関係

頭皮の血行が悪くなってしまうと、どうしても髪の毛に必要な栄養を送る事が出来なくなってしまいます。その結果、人によっては薄毛が進行してしまうという事も珍しくありません。それを防ぐ為にまずすべき事は頭皮ケアです。まずは頭皮の汚れを落として毛穴につまった皮脂等も取り除きます。またその時にはマッサージを行う事によって、血流の改善を期待します。ただマッサージを行う時等は人によっては強く行う方が良いとか、強い刺激を与える方が良いと言って無理矢理行ったり、爪を立ててしまう事も有りますが、これは良くありません。頭皮はデリケートな部位なので、傷が出来てしまったりするとそこから炎症を起こしてしまう可能性もあります。また細かな傷によってフケのように頭皮がはがれてしまう事も有るため、あくまでも丁寧に、力加減にも気を付けて行う必要があります。

頭皮ケアはどのように行うべきか

頭皮ケアは自分で行うことができます。まず、常に清潔にしておくことが大切です。特に、年齢を重ねれば重ねるほど、皮脂の状態が老化してきます。脂分がみなぎってしまうことも多くなっています。男性は特に注意が必要です。それから、脂分が多すぎるのも良くありませんが、乾燥し過ぎているのも良くありません。適度なバランスを保てるようにします。季節によって乾燥なども違いが出てくるため、その時の頭皮に合ったシャンプーを使った方がいいかもしれません。そうすることで、一年中きちんと頭皮ケアができます。自身の頭皮の状態を把握するためには、専門的なところで診てもらうといいかもしれません。薄毛チェックなどを行ってくれるAGA専門業者に任せることをお勧めします。頭皮の乾燥具合などをしっかり診てもらえるので、適しているシャンプーなども知ることができます。

頭皮ケアは丁寧に行おう

髪の悩みを解消するためには頭皮ケアはしっかり行っておくことが大事です。頭皮に炎症がある、フケがあるなどのトラブルがあると健康な髪を育てることは難しくなってしまいます。頭皮ケアではまずは汚れをしっかり取ることが大切ですので、髪質、肌質に合う良質なシャンプーを選び、丁寧に洗っていきましょう。シャンプーやコンディショナーの成分が残っていることもトラブルにつながりますので、しっかり洗い流しておくことも大事です。洗うときに爪を立てることも頭皮にはよくありませんので、注意しましょう。ヘアカラーやパーマも頭皮にはダメージとなりますので、ダメージがある場合は控えておくことも大切です。洗髪後は清潔な頭皮に育毛剤なども塗布しておくとより頭皮環境を整えやすくなります。軽くマッサージも行っておくと血行の促進にも役立ちます。